家庭教師の仕事と適性

家庭教師の仕事と適性


家庭教師の勤務時間

 家庭教師の勤務時間は、主に夕方から夜にかけてと考えるべきです。生徒は日中学校に行っていて、放課後の数時間を利用して家庭教師の授業を受ける形をとるのが一般的なためです。また生徒の中には平日は家庭教師を雇わず、土日の休日を使って集中して授業を受けたいというケースもあります。この場合には土日に指導に出なければなりません。よって一般的な方のように、土日休みとはいかないかもしれません。

 家庭教師の休みなどは変則的になりがちです。もしかすると週によっては、休日がずれ込むこともあり得ます。例えばある週たまたま部活動の試合などの用事でレギュラーの授業が受けられない場合、ほかの日に差し替えることもあります。体調を崩して、従来の授業日時をずらしてほしいということもあり得ます。このような家庭の要望に柔軟に応えられるようにしておくことも大事です。

 また受験対策目的で家庭教師を雇っている場合、受験前に集中して勉強したいという家庭も出てきます。この場合、受験前は普段よりもスケジュールが集中することも考えられます。さらに授業数が多くなると、その分授業準備にも時間を割かないといけません。このように生徒側の事情でスケジュールが変わってくることもある点は十分理解しておきましょう。

Copyright © 家庭教師の仕事と適性, All rights reserved.