家庭教師の仕事と適性

家庭教師の仕事と適性


家庭教師向きの人

 家庭教師をするにあたって資格や試験をクリアする必要はないです。このため誰でもなれる仕事ではあります。ただし、家庭教師として活躍するにはいろいろな要素が求められます。まず何といっても求められるのが、指導力です。生徒に勉強を教える仕事ですから、指導力は不可欠です。名選手名コーチにあらずという言葉もありますが、いくら勉強ができてもそれを教えられないと優れた家庭教師にはなれません。

 マンツーマンで教えるスタイルのため、コミュニケーションスキルも求められる仕事です。いくら勉強ができても、生徒やその親御さんとの間に信頼関係を構築できなければ成績アップにはなかなかつながりません。良好な人間関係を構築するには、コミュニケーションを常日頃からしっかりとることです。何か勉強などに関して不安を持っていれば、その相談にも乗ってあげる必要があるでしょう。

 またスケジューリング能力も必要です。特に受験対策として家庭教師を雇っている場合には、試験日当日から逆算していつまでに何をマスターすべきか考える必要があります。このように家庭教師として活躍するためには、いろいろな能力が求められます。さらに生徒の今後に対して責任を担っているという認識がないと、生徒やその保護者からの信頼を勝ち取るのは難しいです。

Copyright © 家庭教師の仕事と適性, All rights reserved.