家庭教師の仕事と適性

家庭教師の仕事と適性


家庭教師と資格

 家庭教師の仕事をするにあたって、何か資格や試験が必要ではないかと思っていませんか?しかし結論から言ってしまうと、仕事をするにあたって資格は必要ありません。何か就職する前に試験を受けて、一定基準をクリアすることもないです。派遣先が決まれば、今日からでも家庭教師として仕事をすることも可能です。

 ただし勉強を教える仕事である以上、学歴は重視される傾向があります。特に受験対策として家庭教師を採用したいと思っている家庭は、どの大学を出ているか、在学中かを重視します。大学の中でも試験難易度の高い有名校の方が、家庭教師の需要は高いです。もしいわゆる一流校に通っていてアルバイトを探しているのなら、その学歴を生かして家庭教師の仕事をチェックしてみるといいです。一般的な傾向として、生徒の志望校よりも偏差値の低い学校だとなかなか採用されないところがあります。

 もし学校が差して有名ではなくても家庭教師の仕事がしたければ、そのほかのアピールポイントを持つことです。例えば帰国子女であれば、英語に関して高度な指導が行えると推測できます。帰国子女でなくても、例えばTOEFLやTOEICなどの語学力試験を受けてハイスコアを持っていれば、これもPRポイントになります。自分が親御さんの場合、この人に指導をお願いしたいと思えるような経歴を有することです。資格など必要ないので誰でも家庭教師になれます。しかし、需要を高めるためにはそれ相応のキャリアも必要なことも覚えておきましょう。

==ピックアップサイト==
 家庭教師の仕事に興味がある人は、実際に講師を募集している会社を見つけてみましょう。どんな人が向いているかも知ることができる参考サイトを紹介します ≫ 家庭教師 募集

Copyright © 家庭教師の仕事と適性, All rights reserved.